定年退職後は、住民税が高額になったと聞きますが本当ですか?

定年退職後は、住民税が高額になったと聞きますが本当ですか?

 

住民税は今まで月々の給料から天引きされてきたので、住民税の意識されていない方がほとんどかもしれません。

 

定年退職をした後は、自分で住民税を納めることになり、市区町村から直接住民税の納付通知書が送られてきます。

 

 

住民税は前年の1月から12月の所得に対して、一人ひとりに均等に税金がかかる均等割と、所得に応じて税金がかかる所得割の合計ですので、給料が高かった人は住民税も高いことになります。

 

 

よく「退職したのに住民税が高くて困るよ」という話を聞きます。

 

これは、定年退職前の給料をもとに住民税が計算され、一般に所得が少ない退職1年目に納付になりますから、一般に住民税が高く感じられるのです。

 

 

ですから、特に退職後の1年目は、この住民税のことも頭に入れて準備しておく必要があります。




コラム 「定年退職とともに、保険の見直しも必要?」


定年退職する頃には、住宅ローンが終了していたり子供が独立しているなど、生命保険加入時と状況が大きく変わっています。

今後は、自分が死亡したときの家族への保障は必要なくなり、今後は、逆に定年後の生活や医療費の確保などが必要となります。


あなたも、今まで結婚やお子さんが生まれた時に保険の見直しを検討してこられたと思いますが、
定年退職を機に、保険を見直す方は、やはり多いようです。

実際、保険の見直しを行い「定期保険部分だけを解約して、終身保険を残す」などの工夫で、月々の支払額が大幅に削減された例もあるようです。


詳しくは、保険の見直しの保険のビュッフェや、保険マンモス などをご覧ください。いずれも相談無料です。

定年退職後は、住民税が高額になったと聞きますが本当ですか?関連ページ

確定申告はどのようなときにするのですか?
定年退職前後の年金、雇用保険、健康保険、税金などの手続き解決サイト
所得税は確定申告をして収めますが、住民税はどのようにして納めるのですか?
定年退職前後の年金、雇用保険、健康保険、税金などの手続き解決サイト
確定申告すれば所得税の還付を受けられる場合は、税務署から連絡があるのですか?
定年退職前後の年金、雇用保険、健康保険、税金などの手続き解決サイト
失業保険を受けていますが、所得税や住民税がかかりますか?
定年退職前後の年金、雇用保険、健康保険、税金などの手続き解決サイト

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ はじめに 年金 雇用保険 健康保険 税金