年金は何歳から、いくらもらえるのですか?

年金は何歳から、いくらもらえるのですか?

年金は何歳から、いくらもらえるのですか?

 

サラリーマンが退職した後にもらえる年金は、大きく「老齢基礎年金」と、「老齢厚生年金」の二つで構成されています。
基本的には、この二つの年金を、65歳からもらえるものだとお考えください。

 

 

年金は、いつからもらえるの?

老齢基礎年金とは?

「老齢基礎年金」は、受給資格期間25年間を満たした人が、65歳からもらえるものです。
(平成29年8月1日からは、資格期間が10年以上あれば老齢年金を受け取ることができるようになります。)

 

 

老齢厚生年金とは?

厚生年金の被保険者期間があって、老齢基礎年金を受けるのに必要な資格期間を満たした方が65歳になったときに、老齢基礎年金に上乗せして老齢厚生年金が支給されます。

 

ただし、下記の条件を満たす場合は、65歳になるまで、「特別支給の老齢厚生年金」が支給されます。

  • 60歳以上
  • 老齢基礎年金を受けるのに必要な資格期間を満たしている
  • 厚生年金の被保険者期間が1年以上ある

 

特別支給の老齢厚生年金の支給が始まる年齢は、生年月日により異なります。

年金支給年齢

 

 

 

年金は、いくらもらえるの?

「年金がいくらもらえるか?」は、年金の計算は複雑な計算式で、かつ概算でしか計算できませんので、このサイトでは割愛させていただいております。

 

あなたの年金の金額は、ねんきんネットで簡単に調べることができます。

 

また、最寄りの年金事務所でも問い合わせができます。

 




コラム 「定年退職とともに、保険の見直しも必要?」


定年退職する頃には、住宅ローンが終了していたり子供が独立しているなど、生命保険加入時と状況が大きく変わっています。

今後は、自分が死亡したときの家族への保障は必要なくなり、今後は、逆に定年後の生活や医療費の確保などが必要となります。


あなたも、今まで結婚やお子さんが生まれた時に保険の見直しを検討してこられたと思いますが、
定年退職を機に、保険を見直す方は、やはり多いようです。

実際、保険の見直しを行い「定期保険部分だけを解約して、終身保険を残す」などの工夫で、月々の支払額が大幅に削減された例もあるようです。


詳しくは、保険の見直しの保険のビュッフェや、保険マンモス などをご覧ください。いずれも相談無料です。

年金は何歳から、いくらもらえるのですか?関連ページ

年金手帳を紛失した場合の手続きはどうやるの?
定年退職前後の年金、雇用保険、健康保険、税金などの手続き解決サイト
年金手帳を2冊以上持っている場合の手続きはどうやるの?
定年退職前後の年金、雇用保険、健康保険、税金などの手続き解決サイト
自分が死んだときの年金の手続きはどうなるの?
定年退職前後の年金、雇用保険、健康保険、税金などの手続き解決サイト
退職したら配偶者の年金はどうなるの?
定年退職前後の年金、雇用保険、健康保険、税金などの手続き解決サイト
年金の受給資格期間が足りない場合は?
定年退職前後の年金、雇用保険、健康保険、税金などの手続き解決サイト
「ねんきんネット」とは何ですか?
定年退職前後の年金、雇用保険、健康保険、税金などの手続き解決サイト
年金の支払い通知は、自宅に必ず送られてきますか?
定年退職前後の年金、雇用保険、健康保険、税金などの手続き解決サイト
年金を担保にお金を借りることはできますか?
定年退職前後の年金、雇用保険、健康保険、税金などの手続き解決サイト
年金の請求手続きを忘れたらどうなるの?
定年退職前後の年金、雇用保険、健康保険、税金などの手続き解決サイト

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ はじめに 年金 雇用保険 健康保険 税金