年金の受給資格期間が足りない場合は?

年金の受給資格期間が足りない場合は?

年金の受給資格期間が足りない場合は?

 

老齢基礎年金をもらうためには、原則として25年以上の加入期間がなくてはなりません。

 

60歳になっても老齢基礎年金の受給資格期間を満たしていない方は、次のような対策をとってみてください。

 

 

65歳まで国民年金に任意加入する
通常は60歳までですが、申し出があれば65歳まで加入できます。

 

現在、特例として昭和41年4月1日以前生まれの人は、さらに70歳まで任意加入できます。

 

 

会社に勤めて厚生年金保険に加入する
厚生年金に加入している会社に再就職をすれば、70歳までは厚生年金に加入することができます。

年金の受給資格期間が足りない場合は?関連ページ

年金手帳を紛失した場合の手続きはどうやるの?
定年退職前後の年金、雇用保険、健康保険、税金などの手続き解決サイト
年金手帳を2冊以上持っている場合の手続きはどうやるの?
定年退職前後の年金、雇用保険、健康保険、税金などの手続き解決サイト
自分が死んだときの年金の手続きはどうなるの?
定年退職前後の年金、雇用保険、健康保険、税金などの手続き解決サイト
退職したら配偶者の年金はどうなるの?
定年退職前後の年金、雇用保険、健康保険、税金などの手続き解決サイト
「ねんきんネット」とは何ですか?
定年退職前後の年金、雇用保険、健康保険、税金などの手続き解決サイト
年金の支払い通知は、自宅に必ず送られてきますか?
定年退職前後の年金、雇用保険、健康保険、税金などの手続き解決サイト
年金を担保にお金を借りることはできますか?
定年退職前後の年金、雇用保険、健康保険、税金などの手続き解決サイト
年金は何歳から、いくらもらえるのですか?
定年退職前後の年金、雇用保険、健康保険、税金などの手続き解決サイト
年金の請求手続きを忘れたらどうなるの?
定年退職前後の年金、雇用保険、健康保険、税金などの手続き解決サイト

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ はじめに 年金 雇用保険 健康保険 税金