年金よくある質問

年金よくある質問記事一覧

年金手帳を紛失した場合の手続きはどうやるの?

年金手帳を紛失した場合の手続きはどうやるの?在職中の方は、勤務先を通じて再交付をしてもらいます。退職後であれば、勤務先に照会して年金番号を調べてから、最寄りの年金事務所で再交付の手続きをとります。年金手帳は、基本的に即日発行ではありませんので、後日年金事務所から郵送されます。また、既に年金を受給され...

≫続きを読む

 

年金手帳を2冊以上持っている場合の手続きはどうやるの?

年金手帳を2冊以上持っている場合の手続きはどうやるの?年金手帳は基本的に一人に1冊ですが、転職経験のある方など、その際の手続き上のミス等で年金手帳を2冊以上持っているケースがあります。その場合は、一本化する手続きが必要になります。在職中であれば、勤務先を通じて手続きをしてもらいます。退職後であれば、...

≫続きを読む

 

自分が死んだときの年金の手続きはどうなるの?

自分が死んだときの年金の手続きはどうなるの?あなた(年金受給者)が死亡したときは、ご遺族の方などが市区町村に提出する戸籍の死亡届とは別に「年金受給権者死亡届」の提出をします。提出先は、最寄りの年金事務所または年金相談センターです。

≫続きを読む

 

退職したら配偶者の年金はどうなるの?

退職したら配偶者の年金はどうなるの?年金は、自分の分だけでなく、配偶者の分まで考慮にいれる必要があります。配偶者を扶養している場合、退職前までは配偶者は第3号被保険者として、年金保険料を納めなくてもよかったのですが、あなたが退職した時に配偶者が60歳未満の場合、配偶者は第1号被保険者になります。この...

≫続きを読む

 

年金の受給資格期間が足りない場合は?

年金の受給資格期間が足りない場合は?老齢基礎年金をもらうためには、原則として25年以上の加入期間がなくてはなりません。60歳になっても老齢基礎年金の受給資格期間を満たしていない方は、次のような対策をとってみてください。65歳まで国民年金に任意加入する通常は60歳までですが、申し出があれば65歳まで加...

≫続きを読む

 

「ねんきんネット」とは何ですか?

「ねんきんネット」とは何ですか?「ねんきんネット」とは、日本年金機構が運営する、インターネットで自分の年金情報などを手軽に確認できるサービスです。利用登録が必要ですが、24時間いつでもどこでも、パソコンやスマートフォンから、自分の年金情報を確認することができます。ねんきんネットの主なサービスは以下の...

≫続きを読む

 

年金の支払い通知は、自宅に必ず送られてきますか?

年金の支払い通知は、自宅に必ず送られてきますか?年金の支払い通知のことは、「年金振込通知書」と呼ばれていますが、この年金振込通知書は、年1回、6月のみに送られてきます。振込額や振込口座に変更がなければ、その後の支払月には年金振込通知書は送付されません。年金振込通知書が送付されない月でも年金は支払われ...

≫続きを読む

 

年金を担保にお金を借りることはできますか?

年金を担保にお金を借りることはできますか?年金を担保にお金を借りることは、基本的に法律で禁止されています。しかし、次の機関では、年金を担保とした融資制度を利用することが特別に認められています。詳しくは、下記ホームページをご覧ください。独立行政法人福祉医療機構日本政策金融公庫

≫続きを読む

 

年金は何歳から、いくらもらえるのですか?

年金は何歳から、いくらもらえるのですか?サラリーマンが退職した後にもらえる年金は、大きく「老齢基礎年金」と、「老齢厚生年金」の二つで構成されています。基本的には、この二つの年金を、65歳からもらえるものだとお考えください。年金は、いつからもらえるの?老齢基礎年金とは?「老齢基礎年金」は、受給資格期間...

≫続きを読む

 

年金の請求手続きを忘れたらどうなるの?

年金の請求手続きを忘れたらどうなるの?年金は、自分で請求をしなければなりませんので、その請求を忘れてしまうと年金の受給はできません。年金の時効は5年となっていますので、気づいた時点で早急に最寄りの年金事務所に相談してください。

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ はじめに 年金 雇用保険 健康保険 税金