すぐに働かない(働けない)場合、受給期間の延長手続きはどうするの?

すぐに働かない(働けない)場合、受給期間の延長手続きはどうするの?

 

○定年退職して、しばらく休養しようと思っている場合
原則として離職した日の翌日から1年間失業手当(基本手当)を受けることができる期間がありますが、定年退職後、しばらく就職活動を行わないことを希望する場合は、申請をすることにより最長1年間受給期間を延長できます。

 

この場合は、離職の日の翌日から2ヶ月以内に本人による申請が必要です。

 

 

○病気やけがのために、すぐに就職できない場合
病気、けが、看護、育児などで引き続き30日以上働くことができない場合は、申請により最長3年まで受給期間が延長されます。

 

この場合は、引き続き30日以上職業につくことができなくなるに至った日の翌日から起算して、1ヶ月以内に本人または代理人による申請が必要です。

 

 

<必要なもの>

  • 受給期間延長申請書
  • 離職票−1、2
  • 印鑑
  • 延長理由を確認できるもの(定年退職以外の場合)

 

 

<提出先>
住所地のハローワーク

すぐに働かない(働けない)場合、受給期間の延長手続きはどうするの?関連ページ

なぜ失業手当の手続きはすみやかに行う必要があるの?
定年退職前後の年金、雇用保険、健康保険、税金などの手続き解決サイト
失業認定日とは?
定年退職前後の年金、雇用保険、健康保険、税金などの手続き解決サイト
失業手当を受け取れないのはどういう時ですか?
定年退職前後の年金、雇用保険、健康保険、税金などの手続き解決サイト
再就職して給与が下がったらどういった手続きをするの?
定年退職前後の年金、雇用保険、健康保険、税金などの手続き解決サイト
失業手当をもらうと年金がもらえないの?
定年退職前後の年金、雇用保険、健康保険、税金などの手続き解決サイト
定年退職後に海外へ移住したいのですが、海外でも失業手当をもらえるのでしょうか?
定年退職前後の年金、雇用保険、健康保険、税金などの手続き解決サイト
定年退職後に資格取得のためスクールに通いたいのですが、失業手当をもらえるのでしょうか?
定年退職前後の年金、雇用保険、健康保険、税金などの手続き解決サイト

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ はじめに 年金 雇用保険 健康保険 税金